注文住宅を予算内の費用で建てるには?〜厳選ポイント23選

 

 

かんたん3分で登録!家づくり計画書を無料で依頼!

 

 

【タウンライフ】注文住宅の一括依頼はコチラから

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/www.town-life.jp

;

 

 

 

 

注文住宅を予算内の費用で建てる方法

 

 

注文住宅はこだわればこだわるほど費用が高額になり、手間もかかります。

 

建売住宅と違い、建物以外にも設計や土地に費用がかかりますし、そもそも土地探しからしなければいけません。

 

そして購入を決めてから、実際に入居するまで時間がかかるのも特徴です。

 

しかし、それらのデメリットを大きくはね返すほど注文住宅には夢があります。

 

それは、このサイトを見ているあなたも感じていることでしょう。

 

勿論予算に余裕があるのであればどれだけ高額な家を建てても良いのですが、予算に限りがある場合はそうはいきません。

 

なるべく自分たちの予算に近い注文住宅を作る為にも、実際にハウスメーカーや工務店を決める前に大体の費用と相場を知っておきましょう。

 

どういう素材を使いたいのか、どこの会社に依頼するのかによって費用は大きく変わってきます。

 

しかも相場より安ければよいという訳ではありませんし、情報がなければ、何かしら問題のある会社を選んでしまうかもしれません。

 

したがって注文住宅を建てる場合は、費用や相場を調べると同時に、その注文住宅会社の評判や施工例なども調べてどこに依頼するかを決めることが重要です。

 

そこで失敗のリスクを減らすのに良い方法が複数の会社に一括依頼し、比較・検討してしまうことです。

 

一括なので相場もわかるし、手間もかかりません。

 

実績もネットのある現代だからこそ、出来ることですね。

 

これを利用しない手はありませんね。

 

 

 

かんたん3分で登録!家づくり計画書を無料で依頼!

 

 

【タウンライフ】注文住宅の一括依頼はコチラから

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/www.town-life.jp

;

 

 

 

 

注文住宅を建てるには必ず、いくつかの悩みが出てくると思います。

 

 

 

間取り
資金費用
土地探し

 

 

 

などなど。

 

 

 

タウンライフ家づくりなら、これらの悩みを無料で相談してくれるのです。

 

 

 

 

タウンライフ家づくりへの依頼の流れ

 

 

ネット一括依頼
比較・検討
家づくりスタート

 

 

 

まずは厳選された全国300社以上のハウスメーカー・工務店な中から地域別に数社一括で計画書の依頼ができます。

 

もちろん無料です。

 

次に提案された間取りプラン、費用資金計画、土地探しの計画書を比較・検討します。

 

この時、忙しくて時間がない場合でも注文住宅会社に行かずに、交渉する必要もなく、自宅にいながら利用できます。

 

そして、ハウスメーカー・工務店が決まったら計画書通りに予算内の費用でデザインやスケジュールを決定します。

 

これらの計画書はあなただけのオリジナルとなります。

 

ネット依頼自体はわずか3分、一括依頼なので入力も1回で済みます。

 

注文住宅会社選びを間違えるとかなり高い確率で家づくりは失敗します。

 

今すぐリスクの少ない家づくり計画をスタートさせましょう!

 

 

かんたん3分で登録!家づくり計画書を無料で依頼!

 

 

【タウンライフ】注文住宅の一括依頼はコチラから

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/www.town-life.jp

;

 

 

 

 

注文住宅を安く建てるポイント23選

 

 

ハウスメーカーや工務店と相談する上で事前に最低限の知識を得ておきましょう。

 

やはり注文住宅のことを何も知らないと気付いたら業社に多く費用を取られてしまうことがあります。

 

こだわるところはこだわりそうでないところはなるべく、コストを下げていきましょう。

 

知っているだけで費用をかけずに済むポイントは意外にあるのです。

 

失敗したくない家づくりの注意点

 

 

 

大工は土地の者が一番、と言う言葉をご存知でしょうか。

 

日本は地形が複雑で変化に富んでいます。

 

そのため、各地域ごとに細かく気象条件、地質が違うのです。

 

その土地がどういう特性を持っているかを一番理解している人間に作ってもらえ、と言うのが先人の家づくりの知恵なのです。

 

風が吹く、雪が降る、雨がたまる、などの気象条件に、人間は勝つことが出来ません。

 

様々な災害に注意を払い、出来る限りの対処をしていく以外方法がないのです。

 

注意するべき自然条件は何か、さほど気にしなくても大丈夫な部分はあるかなど、家づくりに適した感性を最も備えた人物はやはり、その土地の大工さんなのでしょう。

 

経験や言い伝えなど、素人が及びもしない見地から、家を建ててくれるはずです。

 

 

注文住宅の完成までの流れ

 

 

注文住宅を建築する場合の流れは、まず、建築会社を決定します。

 

最近はハウスメーカーを選定して、そのハウスメーカーに設計施工を依頼する場合が多くなっています。

 

依頼するハウスメーカーを決定したら、次に間取りなどの設計打ち合わせを行います。

 

その時に十分に施主の考えを伝えると、完成した住宅への満足度が高くなります。

 

間取りや階数、外観等の設計が完了したときに、工事費の確認も十分に行う必要があります。

 

いくら、設計内容が良くても、予算額に会わないと後々困ります。

 

坪単価の相場は70万円程度です。

 

坪単価の相場を考慮に入れて設計金額と比べてください。

 

注文住宅の設計内容が決まったら、施工になります施工期間は建物の大きな等により左右されますが、通常に一戸建てであれば、3か月から5か月程度で完成します。

 

その後、完成内覧会を行い引き渡しになります。

 

 

 

 

注文住宅のメリットとデメリット

 

 

注文住宅を売却する場合、建売とは異なる各物件の個性の強さがあります。

 

その為、類似の間取り・立地の物件であっても、売却に至るまでのスムースさ・売却額は異なって来ます。

 

また、交渉の仕方でも金額は異なって来ます。

 

メリットともデメリットとも取れる一面ですが、より利便性を享受する目的と売却者自身での交渉が困難な場合も多いという事情から、注文住宅の売却においては不動産業者と媒介契約を行う事になります。

 

媒介契約には、他の不動産業者や自身の交渉を一切通さないように縛る専属専任媒介契約、他の不動産業者は通さないが自らが売却先を探す事は出来る専任媒介契約、複数の不動産業者を介する事を前提とした一般媒介契約の3つがあります。

 

前者ほど契約の縛りは強くなるデメリットがあるものの、積極的な不動産業者の動きを期待出来るメリットもあります。

 

物件に合わせた選択をする事が、注文住宅売却においては大きなポイントとなります。
大手のハウスメーカーを選ぶなら誰もが一生に一度は我が家と呼べる住宅を持ちたいと思います。

 

しかし注文住宅を建てるとなると、どの様にしてどの様な建設会社にお願いするのが良いのか迷ってしまいます。

 

そこで注文住宅で失敗しないためにハウスメーカーに一括見積りをお願いしたら如何でしょうか。

 

ハウスメーカーは様々なタイプの住宅に精通しており、お客様の要望に沿った設計も得意としております。

 

また実際に見て分るモデルルームも備えているので非常に分りやすいです。

 

希望の注文住宅の図面を作成してもらい、それに沿って見積りまでお願いすると良いでしょう。

 

予算限度額なども事前に知らせておくと、要望に沿った素敵な注文住宅をプランニングしてくれます。

 

図面作成から見積り作成まで一貫して作成してくれるので、建築主にとっては非常に助かります。

 

 

かんたん3分で登録!家づくり計画書を無料で依頼!

 

 

【タウンライフ】注文住宅の一括依頼はコチラから

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/www.town-life.jp

;

 

 

 

 

家を安く建てるポイント 外観編その1

 

1、平屋より2階建てのほうが安い

 

 

例えば、同じ坪数の家を建てる場合、平屋(1階建て)よりも2階建てのほうが安く建てる事ができます。

 

それは単純に、平屋に比べ2階建てのほうが基礎と屋根の面積が小さくて済むからです。

 

特にこだわりや1回にある必要のない寝室や納戸、書斎などは2階に設計し、基礎と屋根の面積が小さくなるように間取を設計しましょう。

 

 

2、四角い建物で予算削減

 

 

建物の外壁ラインを凹凸のある間取にしてしまうと外壁を貼る

 

面積が増える役物(外壁の角に当てる部材)が増える

 

などの理由のため建築費用が高くなります。

 

なるべく凹凸のない四角い建物になるように間取をシンプルにしましょう。

 

 

3、建物をよりコンパクトに!

 

 

実は建物の費用で最も影響があるのは床面積なのです。

 

1坪(畳2枚分)のスペースを削ると、鉄骨や軽量鉄骨の場合でなんと60万円〜80万円の費用削減になります。

 

木造住宅の場合でも40万円〜50万円の費用が削減出来ます。

 

床面積を削るには、建築会社が作成した図面上での広さ感覚をつかむことがコツです。

 

現在、実際に自宅で使っている家具家電のサイズを測り図面に記載してみるその図面を利用し、モデルハウスや建売住宅で広さを確認するなどで対応していきましょう。

 

無駄に広くならないように、図面上での広さ感覚を確認しておきましょう。
家を安く建てるポイント 外観編その2

 

 

4、形も予算もシンプルな総2階とは?

 

 

建物の2階の面積より1階の面積が広くなると2階からはみ出した部分に屋根を付けなければなりません。

 

よってその分、建築費用が高くなります。

 

1階と2階の外壁面が揃った「総2階」の建物にすることにより屋根を掛ける必要がなくなるからです。

 

特にこだわりがなければ、設計のときに気をつけてみましょう。

 

 

5、費用が安い切り妻屋根とは?

 

 

基本的に屋根の種類として、

 

 

 

切り妻屋根
片流れ屋根
寄棟屋根(方形屋根)

 

 

 

の3つがあります。

 

 

 

切り妻屋根や片流れ屋根は寄棟屋根と比べ、瓦などの屋根材の量が少なく済むので、建築費用が安くなります。

 

外観のデザインに特にこだわりがないのなら切り妻屋根を選択するといいでしょう。

 

 

6、残土処分費について

 

 

建物の基礎(地面と接するコンクリートの部分)は一部地中に埋まるため基礎工事を行う前に、地面を掘る作業を行います。

 

その際、掘った土は産業廃棄物の扱いとなりますので、有料で処分しなければなりません。

 

ですが、土を処分せず建物の周りに撒いてしまえばその処分の費用を削減することが出来ます。

 

あらかじめ建築会社の方に相談しておきましょう。

 

注意点として、撒く場所は自分の敷地内になるので、外側に流れないように、事前に塀を作る必要があります。

 

 

 

かんたん3分で登録!家づくり計画書を無料で依頼!

 

 

【タウンライフ】注文住宅の一括依頼はコチラから

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/www.town-life.jp

;

 

 

 

 

家を安く建てるポイント 資材編

?7、屋根材にはカラーベスト

 

 

屋根材は一般的に、瓦かカラーベストを利用するのが主流です。

 

費用を比較するとカラーベストのほうが安いのですが、耐久性が低いため、瓦を選択する人が多いようです。

 

ですが実際は、最近のカラーベストも性能がかなりよくなっており、単に過去のイメージによるもののようです。

 

あるメーカーの実験でも、瓦とカラーベストの耐久性にさほど差はないという結果も出ているようです。

 

ぜひ、カラーベストの使用も検討しておきましょう。

 

 

 

 

8、バルコニーの手すりは必要か?

 

 

バルコニーには通常、手すりが付くと思います。

 

ですが、手すりの代わりに笠木を使うことによって1mあたり約1万円費用を安くすることが出来ます。

 

外観上で特にこだわりがなければぜひ、手すりの代わりに笠木を使うことを検討しましょう。

 

 

9、安いデザインの窓とは?

 

 

デザイン性の高い「上げ下げ窓」や「すべり出し窓」は小さく使い勝手が悪い上に、費用が高価です。

 

対して、「引き違い窓」はデザイン性こそオーソドックスですが、窓サイズが大きく費用も安く済みます。

 

窓デザインにこだわりがある場合でも、裏窓や目立たない箇所は「引き違い窓」を使用することをおすすめします。

 

 

10、安いデザインの扉とは?

 

 

デザインというか扉の種類ですが、安いのは断然ドアになります。

 

他に引き戸などがありますが、1カ所に付き約2万円ほど安いです。

 

引く部分の面積がジャマにならない限り、扉はドアに設計しましょう。

 

 

家を安く建てるポイント デザイン編

 

11、庭の工事

 

 

庭の工事をする場合、住宅会社から紹介された業社が依頼されることがほとんどです。

 

このように住宅会社が間に入る場合、紹介料が上乗せされるため約10%〜20%程見積り費用が高くなります。

 

可能であれば、業社は自分たちで手配するようにしましょう。

 

庭の工事には100万以上の予算をかける場合が多いので、数十万円の予算削減になります。

12、メーターモジュールと尺モジュール

 

 

家を建てる際、基準となる寸法に「メーターモジュール(100cm基準)」と「尺モジュール(91cm基準)」があります。

 

メーターモジュールの場合、部屋や廊下を広く取れますが、建物全体が大きくなってしまい結果的に建築費用が高く付いてしまいます。

 

同じ間取りの場合、メーターモジュールの床面積は約1,3倍広くなります。

 

コンパクトな尺モジュールで設計しましょう。

 

 

かんたん3分で登録!家づくり計画書を無料で依頼!

 

 

【タウンライフ】注文住宅の一括依頼はコチラから

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/www.town-life.jp

;

 

 

 

?家を安く建てるポイント 間取編

 

13、リビング階段でコンパクト!

 

 

やはり建物をなるべくコンパクトにすることが、家を建てるポイントです。

 

リビングを通って2階へ上がる間取りの事をリビング階段といいます。

 

このリビング階段にすることで、廊下のスペースがなくなり、建物をコンパクトにできるため、費用を安くすることが出来ます。

 

空間も有効に使え、デザイン的にもオシャレになっているので、最近は増えているようです。

 

 

14、間仕切り壁について

 

 

室内の部屋を細かく区切ると間仕切り壁の量が増え、その分、建築費用が高くなります。

 

隣同士にある2つの部屋の壁をなくして続き間の1つの部屋にしたり、収納の仕切りを少なくすることで費用を減らすことが出来ます。

 

なるべく間仕切り壁を減らせないか、設計の段階で確認しておきましょう。

 

 

15、設備は提携メーカーから

 

 

住宅会社から提案されるキッチンやバスなどの設備は、建築会社と設備メーカーが提携し、特別価格を設定している商品です。

 

そのため、提携しているメーカー以外の設備を依頼する場合、割引がなくなり費用がかなり高くなります。

 

特に何もなければ、提携しているメーカーから選ぶようにしましょう。

 

 

16、収納扉を減らす

 

 

クローゼットや収納の扉は設置する場所も多く、非常に費用もかかります。

 

扉の代わりにロールスクリーンやパネルカーテンを使うと費用が安くすみ、見た目もオシャレになります。

 

寝室や子供部屋など、特に扉が必要ないところや人目につきにくい箇所は、ぜひ試してみましょう。

 

 

17、家具はどうする?

 

 

カウンターやTVラック、本棚など、最近ではよく建築会社が家具を商品化しています。

 

壁に固定してくれたりといろいろ便利なのですが、同様の商品をホームセンター等で購入したほうが、費用は格段に安くなります。

 

家具は自分で手配しましょう。

 

 

18、コンセントの位置

 

 

一般的にコンセントやスイッチは標準個数が決まっており、住宅会社によっては契約後に打ち合わせを行う場合があります。

 

しかしなぜか、ほとんどの場合で標準個数では足りなくなり、追加費用が発生するケースが多いのです。

 

必ずコンセントの打ち合わせは契約前に行うことをおすすめします。

 

さらに、追加になった費用は住宅会社に値引き交渉するようにしましょう。

 

 

19、照明器具について

 

 

照明器具の手配を建築会社に頼むと商品代金に利益が上乗せされるため費用が高くなってしまうのです。

 

これはかなり裏技的ですが、建築会社を通して照明メーカーに商品の提案資料を見せてもらい品番を特定して自分で注文してしまうのです。

 

インターネットで検索すれば容易に見つかるでしょう。

 

これだけでも費用を安くすることが出来ます。

 

ちなみに、器具を自分で手配しても建築会社で取り付けてもらうことは可能です。

 

 

20、耐火構造の有無

 

 

建物には耐火構造と非耐火構造の2種類があります。

 

一般的に、非耐火構造が標準(2×4工法は除く)であるため、耐火構造に変更する場合は約20万円の追加費用が発生します。

 

しかし、耐火構造の場合は火災保険料が割引になるため保険の内容によっては結果的に、追加費用以上に安くなることがあります。

 

事前に営業担当者に相談してみましょう。

 

 

21、地盤調査

 

 

土地を購入した後に新築を立てる場合、土地契約をを済ませ基本的には代金を払ってから地盤調査を行います。

 

しかし、せっかく安く建てられるように建物を工夫しても、地盤が弱いと多額の費用が必要になる改良工事が発生する可能性があります。

 

土地の契約前に調査をさせてもらえるように交渉し、改良工事が発生する場合は購入を再検討しましょう。

 

その時は、資金が足りないなどを理由としましょう。

 

 

22、ガス水道の引き込み

 

 

購入を検討している土地に水道管が引きこまれていない場合、購入者側で引き込み工事をしなければなりません。

 

予想外の費用がかかってしまうので水道管やガス管がすでにちゃんと引き込まれているか事前に不動産屋に確認しておきましょう。

 

引きこまれていない場合は、それをネタに値引き交渉をしてみましょう。

 

 

23、隣接する道路

 

 

家を建てる土地に面した道路の道幅が狭い場合、建築資材を運ぶトラックが小型になり数が増え、割増料金が発生することがあります。

 

土地価格の安さに引かれ、安易に道幅の狭い土地を選んでしまうと建築費用がかさみ、結果的に費用が高くなる可能性があります。

 

十分な道幅の目安としては4m以上です。

 

 

 

かんたん3分で登録!家づくり計画書を無料で依頼!

 

 

【タウンライフ】注文住宅の一括依頼はコチラから

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/www.town-life.jp

;