家族葬費用の相場 失敗しないためには一括見積りがおすすめ!

家族葬の全国平均相場はズバリ◯◯万円!

 

 

 

普通の、いわゆる一般葬と言われる葬儀の費用はズバリ

 

 

 

全国平均で188.9万円となっています。

 

 

 

これは、日本消費者協会が平成25年に実施した「第10回葬儀についてのアンケート」
というちゃんとした調査の結果です。

 

平成22年行われた同調査では、全国平均で約200万円でしたので、
葬儀費用も節約する傾向にあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

それに対して、安く済ませられるという

 

 

 

家族葬の平均費用は、約50万円となっています。

 

 

 

確かに、一般葬と比べると大幅に安くなっているのは事実です。

 

ただし、費用事例を調べると30万円〜100万円とかなり幅が広くなっています。

 

 

理由は、家族葬とは言っても実際には家族のみで葬儀をするわけではなく
明確な区切りはありません。

 

本当の家族から親族、知人までを含める場合も全て家族葬と呼ぶからです。

 

よって参列者数も5人〜50人と様々となっています。

 

 

安直に「葬儀費用を安くしたいから家族葬する」という考えを捨て、
参列者数、葬儀内容をよく考えて見積りをするようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葬儀の見積り・無料の資料請求はコチラ!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

 

 

家族葬でも◯◯をすると一般葬より高くつく?

 

 

 

では、安い家族葬にするにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

  • 参列者数を減らす
  • お布施を減らす
  • 直葬にする

 

 

葬儀費用を安くするのにこだわるのなら
最低限これらのことは意識しておきましょう。

 

 

 

参列者数をなるべく減らす

 

 

家族葬が一般葬より安くなる何よりの理由は、参列者の数です。

 

式場の規模、バスの手配、飲食費など人数が少なければ
それだけ単純に費用が少なくて済むのは当然ですね。

 

 

ただし、参列者を減らすことで香典による収入も減ってしまいます。

 

この場合、総支出として一般葬よりが高くなる場合があるので注意が必要です。

 

 

 

お布施の金額を減らす

 

 

まずは菩提寺に相談して安くしてもらいましょう

 

菩提寺とは、先祖代々のお墓があるお寺のことで
葬儀や法事関係など仏事でわからないことを教えてくれます。

 

 

菩提寺がない場合は、無宗教式をオススメします。

 

従来の様式にとらわれることがなく自由なため、
費用も大幅に抑えることが出来ます。

 

 

ちなみに戒名も法要もない髪式の葬儀は安いとされていますが、
実際は、ほとんど差はないので覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

葬儀の見積り・無料の資料請求はコチラ!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

 

 

 

思い切って直葬にしてしまう

 

 

とにかくお金がない、払いたくないという方は、最後の手段として直葬を利用しましょう

 

直葬とは、火葬のみで通夜も告別式も行わない究極の葬儀様式です。

 

 

昔ながらのお葬式にこだわる人は、直葬では忍びないとい意識があるようですが、
費用がかけられない人にとっては、現実は厳しいです。

 

 

さらに故人との関係など、そこには様々な理由があると思いますので、やむを得ないこともあるでしょう。

 

 

最近の都心では約1割ほどが直葬であると言われ、
これからの世の中、さらに増えていくことが予想されます。

 

 

 

 

 

家族葬でも直葬でも葬儀費用は事前に相談できる

 

 

 

家族葬費用を抑えるキモはとにかく事前見積り!

 

 

 

チラシなどに載っている葬儀社、もしくは病院で紹介される葬儀社などで、
よく「セット料金で◯◯万円」という表示がされていると思います。

 

 

一見、わかりやすく割安感が強調されているはずです。

 

 

ですがこのセット料金、注意が必要です。

 

 

主に祭壇、棺 、寝台車、スタッフなどがセットに含まれる事が多いのですが、
このセットの内容、葬儀社によって違います。

 

 

これに含まれない物は、オプションとして当然後から追加料金となります。

 

そして祭壇や料理などはランクによっても違いますし、
さらにそれらの値段は葬儀社側が自由に設定できるのです。

 

 

要するに、セット内容に何が含まれて、何が含まれていないのか
セット内はいくらで、何のオプションを付けるとプラスいくらなどを
確認しておかないと、費用がかさんでしまうということです。

 

 

さらに葬儀社によっては、この内容をワザと曖昧にし
利益を取ろうとする悪徳業者もいますので、
全てを業社任せにしてしまうのは絶対にやめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

後悔せず、きっちりと予算内で葬儀を行うとすれば、
一括見積もりサービスを利用し、複数業社を比較検討するのが確実です。

 

 

 

 

 

葬儀の見積り・無料の資料請求はコチラ!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

 

 

【コラム】葬儀費用一括見積りの必要性

 

 

家族葬費用の見積りは、葬儀の際に必要なもので、一括して費用を出す事が重要になります。
通常、家族葬費用は単発で見積るケースが多く、一社に費用を確認して決める事があります。

 

しかし、一社では費用の妥当性が分からず、同時に家族葬費用の相場に対する理解も難しくなります。
葬儀の経験がなく、家族葬が初めての場合は尚更で、比較しなければ金額に納得出来るか難しいといえます。

 

一方、家族葬費用の一括見積りは有効的で、葬儀の金額の平均であったり、妥当な料金が分からない時にも役立ちます。
一括見積りの特徴は、決まった条件の申し込みを行う事で、まとめて結果を得られる点にあります。

 

また、同時に結果を知る事が出来るので、その時に最適な比較を行う事が実現出来るようになります。
家族葬費用の比較は、損をしたくない人に不可欠で、失敗しないための効果的な手段になり得ます。

 

一括であれば、各社に順次問い合わせる手間であったり、申し込みから結果を得るまでの時間も短縮出来ます。
大切なのは失敗を避ける事で、家族の負担を軽減したり、葬儀の準備に手間取らない結果を実現する事がポイントです。

 

比較が容易になる一括の見積りは、葬儀業者にとっても重要で、競争の効果が働く事により、費用のコストダウンが期待可能になります。
消費者が金額を見ている事が分かれば、業者も手を抜く事は出来ませんし、サービスの質を維持しながらコストを削減する必要が出てきます。
家族にとっては、相対的な比較対象が同時に見られる事で、各社の良い点と気になる部分を見比べる事が行えます。
具体的な活用方法としては、特定のエリアや希望する金額の範囲内で、一括の見積りを同時に発信するやり方があります。
葬儀に特化したWebサイトで、申し込みフォームから送信を行えば、短時間で期待する結果を得る事が出来る時代です。

 

結果に満足した時は、条件に合致する葬儀社を絞り込み、各社にアプローチして正式な契約を結ぶ段階に入ります。
サービスの質が心配な時は、葬儀業者の評判や評価を客観的に知る事で、初めての利用でも失敗するリスクが減らせます。
信頼性のあるWebサービスであれば、登録されている業者は選別されている可能性が高く、どれを選んでもサービス内容自体に不満を持つ確率は低くなると考えられます。
見積り成功のポイントは、信頼出来るサービスを通して一度に希望の条件を提示する事、そして比較して絞り込む2つの段階にあります。

 

 

 

エンディングノートを書こう!

 

 

エンディングノートとは、自分にもしものことがあった時に家族や友人に残しておきたいことを記しておくもので、
ここ数年で「終活」のひとつとして知られるようになりました。

 

主に基本情報(名前・生年月日・住所など)からはじまり、
親族・友人などの情報、治療や介護の情報(常備薬や病気にかかった時の治療についての希望など)、
資産情報、葬儀やお墓についての希望、家族や友人へのメッセージといった項目があります。

 

 

エンディングノートは、遺言書とは異なり法的効力を持ちませんが、
書店などで購入する以外にもネットからダウンロードもできるため安価で何度でも更新できるのが特徴です。

 

また、遺言書ほど堅苦しくないため誰でも気軽に利用できるのがメリットでもあります。

 

 

物忘れが多くなってきた方にとっては日々の備忘録としても役立ちますし、
もしもの時に備えて伝えておきたいことなどを1冊のノートに書きまとめておくことが可能です。

 

 

また、エンディングノートでは、基本的な情報や残しておきたい情報だけでなく、
これまでの自分の人生を思い返して今の気持ちを残しておきたい、
家族には照れくさくて直接言えない思いがあるという方も自由に記載することができるため、
自分が最期を迎えるにあたって人生を振り返り、心を整理するためのノートでもあります。

 

 

 

お葬式の服装について

 

 

 

お葬式は、一般的にブラックフォーマル(喪服)と呼ばれる黒一色の光沢のないワンピースやアンサンブル、スーツなどの服装で参列します。

 

 

襟が開きすぎていないデザインで、スーツの場合はブラウスも黒に。

 

バックは、シンプルで光る素材や金具がついていないものを選びましょう。
爬虫類革製のものは避けます。

 

靴は、飾りや光沢のない黒のパンプス。
バックと同様に、爬虫類革製のものを避けるように。
ストッキングも黒。
黒であってもカジュアルな印象を与えないよう厚手のタイツや柄入りのものは着用しません。

 

アクセサリーは白か黒の真珠、またはオニキスなどの黒いものなら構いません。
不幸が重なることを連想させるので、二重三重のネックレスでなく一連のものを身につけます。
結婚指輪はつけたままでよいとされています。

 

小物類は忘れがちですが、ハンカチは黒または無地の白を使いましょう。

 

 

雨の日も注意が必要です。
ない場合は透明の傘でも構いませんが、できれば黒またはグレーや紺など地味な色で無地のものを用意しておくと突然の時、安心です。

 

お辞儀をする場面も多いので、長い髪はまとめておきます。
髪飾りをつける場合は、黒で光沢のないものを選びましょう。

 

 

 

お布施のマナー

 

 

 

お寺へ払うお布施は本来、仏様へ布施をさせていただく行為として宗教的な意味合いを持ちます。
一般の商取引と違って、支払う側が下手に出て、もらっていただくという態度をとらなければなりません。
お布施を渡すべき行事や金額は、地域により相場が異なります。

 

一般的にはお寺の和尚さんになんらかの宗教的行為をしていただいたら、そのつど、それなりの金額を渡すのが妥当です。
枕経を読んでもらったり、お通夜に来ていただいたりするごとに、相応の金額を包んで事後に和尚さんに直接手渡します。
お寺の維持もお金がかかるので、お寺側としてはできるだけ多くの金額を包んでもらった方がありがたいのは事実ですが、支払う側にも事情があります。
お金の無い時には無理をせず、地域の相場よりも低い金額でもいっこうにかまいません。
いつの日か、お金に余裕が出ることがあったならば、何らかの機会にお寺に対して過分のお布施をすればよいことです。
お布施は義務的なものではなく、あくまでも仏様に対する個人の宗教的な態度を示すものです。

 

 

 

 

 

葬儀の見積り・無料の資料請求はコチラ!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/