コンパクトカーどれ買うの?【スズキソリオ編】

【ソリオvsタンク】どっち買う?燃費・広さetc.で比較

この記事は5分で読めます

 

 

自動車保険で

損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

 

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

 

 

 

 

取り回しがしやすくて、燃費にも優れていることで、現在はコンパクトカーが大人気です。

安全性能もどんどん向上しています。

これまではコンパクトカーではスズキのソリオが独壇場という感がありましたが、トヨタのタンクもそれに劣らないほどの人気を獲得しています。

では、これからコンパクトカーを買う場合、どっちを選べばよいのでしょうか。

そこで、それぞれの特徴、価格、評判、乗り心地などの面を比較してみましょう。

 

 

トヨタタンクとは?

 

タンクは2016年に初代モデルが登場したトヨタのトールワゴンタイプのコンパクトカーです。

このタイプの軽自動車はそれまでスズキにしかなく、市場を独占していた感がありましたが、最近は世の中全体がコンパクト志向を目指すようになってきたこともあり、トヨタもこの市場に参入したと考えられます。

そのため、タンクはソリオに似ている要素が多く、購買層もかぶっているのが特徴です。

 

そんなタンクですが、トヨタにはルーミーというコンパクトカーもあります。

実は、両車はデザインがやや異なるだけでほぼ同じ車です。

ネッツ店とトヨペット店で販売されるのがタンクであり、トヨタ店ならびにトヨタカローラ店で販売されるのがルーミーとなっており、取り扱う販売店が異なるだけと言ってよいでしょう。

ですので、車に詳しくない人にとってはどっちがどっちかわかりにくいです。

具体的に異なる点はフロントのデザインで、ヘッドライト、フォグランプ、フロントバンパーの見た目で区別します。

それ以外の面はどちらもまったく同じです。

そんな両車も、ボディの形状はスズキのソリオを踏襲した作りになっています。

2BOXトールワゴンのボディ、後部のスライドドアなどよく似た特徴を備えており、見た目だけならどっちを選んでも大差ないと言えるでしょう。

 

 

 

 

【ソリオvsタンク】価格・特徴で比較

 

両車は価格や特徴もよく似ています。

実用的な装備が充実している標準的なお買い得グレードで比較してみましょう。

安全性能のスマートアシストⅡが標準装備されるタンクの「G“S”」が1684800円、それに対し、デュアルカメラブレーキサポートを装備するマイルドハイブリッドのソリオ「MX」が1755000円となっています。

後者が7万円ほど高いのはサイドエアバッグも標準装備されているのが理由でしょう。

タンクだけの特徴として挙げられるのは、両側スライドドア、スーパーUVカットガラス、それに豊富な収納設備です。

これらの装備が加わって7万円安いと考えると割安感は高いです。

また、およそ12万円の上乗せでターボを装着できて、かつ、リア側にスタビライザーが追加できる点でもコストパフォーマンスに優れています。

なお、エンジンはソリオが直列4気筒、タンクが直列3気筒、排気量はそれぞれ1.2L1.0Lという違いです。

これを考慮すると、ソリオの方が振動が少なく静粛性にも優れていると考えられます。

排気量が20%多いということは燃費性能も上だということです。

また、ソリオの方が車重が100kg以上軽いことも考え合わせると、見た目は両車とも非常によく似ていますが、走行性能はソリオの方が上と言えるでしょう。

 

 

【ソリオvsタンク】人気・評判で比較

 

上で見たように価格差はわずかで、走行性能はソリオの方が優れているわけですが、2017年の1年間の新車販売台数ではタンクの方が上です。

ソリオの年間販売台数が49,742台なのに対して、70,839台も売れています。

ちなみに、ルーミーも78,690台という販売台数なので、後発ではあるもののトヨタのトールワゴンが、先駆者のスズキ車より人気の面ではかなり上を行っているということです。

この理由を考えてみると、やはりトヨタというブランドの力が大きいことが挙げられるでしょう。

これまでコンパクトトールワゴンを選ぶとなるとスズキ一択でしたが、そこにトヨタが参入して選択肢を増やしてくれたために、多くの人がそれに飛びついたということです。

それに、後発である分、先行する車の良い点をしっかり踏襲しており、街乗りに関してはタンクがコンパクトカーの完成形とも言えます。

また、ボディカラーが豊富に用意されており、女性におしゃれだと受けている点も人気の理由です。

一方のソリオは、走ることにより特化しているのが大きな特徴です。

街乗りだけでなく、高速道路を頻繁に使うような遠出の機会が多い人に選ばれています。

 

 

【ソリオvsタンク】大きさ・広さ・乗り心地で比較

 

両車のボディの大きさは次の通りです。

ソリオは全長3,710mm、全幅1,625mm、全高1,745mmであり、一方のタンクは、全長3,7003,725mm、全幅1,670mm、全高が1,735mmとなっています。

幅がタンクの方がやや大きい以外はほぼ同じ大きさと言ってよいでしょう。

その幅の差の分、小回りの利きやすさはソリオの方がやや優れています。

ちなみに、両車とも1,550mm以上の全高ですので、機械式駐車場に停めることはできません。

室内の広さや乗り心地も比べてみましょう。

前席に関しては両車ともほぼ同じ居住性です。

シートは背もたれが高く、大きさや柔軟性も含め座り心地も共通しています。

大きく違うのは後部座席です。

足元と頭上の空間は両車ともに広々としていますが、タンクはシートの座面の角度が水平で、座面の柔軟性がそれほどありません。

前方に足を投げ出すような座り方になってしまうでしょう。

ソリオの後部座席は腰がやや沈み込みますが、座面にボリューム感があるので乗り心地は良さそうです。

あと、スライドドアの開口幅が、600mmのタンクに対し、ソリオはそれよりやや広い640mmですので、後部座席への乗り降りのしやすさもソリオの方が若干リードしていると言えるでしょう。

荷室についても見ておきます。広さはどちらも同じぐらいですが、後部座席の畳み方が違っています。

ソリオは後部座席がフラットに畳めるため、荷室が広々と使えます。

ただ、タンクの方が荷室の開口部が大きく、高さがあって地面に近い設計ですから、荷物の積みやすさでは軍配が上がります。

 

 

【ソリオvsタンク】燃費と維持費で比較

 

2WDJC08モード燃費を比較すると、タンクはノーマルエンジンの燃費が24.6km/L、ターボだと21.8km/Lとなっています。

ソリオはフルハイブリッドの燃費が32km/L、マイルドハイブリッドで27.8km/Lです。

ソリオの方がマイルドハイブリッドであっても燃費性能に優れていることがわかります。

なお、両車とも普通車なので自動車税は同じ金額ですが、平成32年度燃費基準をクリアしているため、タンクが自動車取得税で60%、自動車重量税で50%の軽減になります。

ソリオはマイルドハイブリッドで自動車税が85%と自動車重量税が75%の減税、フルハイブリッドだと燃費基準をプラス20%達成しているために免税となります。

これを比べてみると、燃費も維持費もソリオの方が明らかにお得です。

 

 

【ソリオvsタンク】まとめ

 

両車を比べると、ソリオの方が走行性能や燃費性能に優れており、乗り心地も良いと言えます。

ただ、タンクにも荷室など収納面で優れたところがあり、街乗りに関して言えば使い勝手は優れていると言えるでしょう。

どちらを買うかはユーザー各々のカーライフに合った方ということになりますが、悩むのであれば両車とも試乗してみて、その感覚を優先させることをおすすめします。

(2018年現在)

 

 

スポンサードリンク

 

 

【スズキソリオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【スズキソリオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

あわせて読みたい

スポンサードリンク
スポンサードリンク
RETURN TOP