コンパクトカーどれ買うの?【スズキソリオ編】

【スズキソリオ】おすすめオプションパーツはこれだ!

この記事は4分で読めます

 

 

新車を購入するならオプションパーツを付けたいと思う人は多いですが、ソリオに付けるべきオプションと言われてもなかなかわからないものです。せっかくだからといろいろ付けても、実際はあまり必要でなかったと思うこともありますし、逆に、付けておけばよかったと後悔することもあります。メーカーオプションなど後から付けたいと思っても無理なものもあるので、購入前に必要なオプションをまとめておきましょう。また、オプションは必要ないという人でもある程度は考えてみることをおすすめします。そのままでは値引きの余地がない場合でも、オプションを付けると言えば交渉に応じてくれることがあるからです。それでは、ソリオで人気のオプションパーツについて見ていきましょう。

 

 

メーカーオプションとディーラーオプションの違い

 

ソリオにどんなオプションを付けるかという前に、まずは車種によらず新車を購入する際に知っておきたいメーカーオプションとディーラーオプションの違いについて押さえておくことが大切です。

オプションとは後から自分の好みの仕様にするためのパーツですが、メーカーオプションに関しては購入前に選んでおかなければなりません。メーカーオプションとは文字通りメーカーが付けてくれるオプションのことであり、製造する過程で車に組み込まれるパーツのことです。本革シートやサンルーフ、最近の車なら自動ブレーキなどの安全技術がメーカーオプションに当たります。これらは車を買った後から取り付けたいと思っても、不可能ではなくてもかなり難しいです。可能だとしてもかなりの出費になります。ですので、メーカーオプションは車を購入する段階で決めておくべきです。なお、車種にもよりますが、アルミホイールがメーカーオプションになる車もあります。アルミホイールなら後から好きなように交換できるので「いらない」と思いがちですが、メーカーオプションのアルミホイールを選べば、最初からそのオプションのタイヤとホイールになるため、標準装備のタイヤとホイールを買い替える必要がありません。つまり、「標準装備を外してオプションに交換する」という手間にかかる費用が節約できるということです。ですので、メーカーオプションが用意されているパーツは、必要性をじっくり検討してから決めることをおすすめします。

ディーラーオプションとは、車のディーラー(販売店)で付けてくれるパーツです。新車カタログに掲載されるオプションは、メーカーからディーラーに車が届いてからそこで付けるようになっています。つまり、メーカーオプションのように製造過程で組み込むものではなく、後から比較的簡単に取り付けできるものです。小さなものなら日除けのバイザーやフロアマットなど、大型のものならエアロパーツなどまでいろいろあります。今の車には標準装備のエアコンも、以前はディーラーオプションでした。ディーラーオプションは、購入後、実際に車に乗り始めてから欲しくなっても取り付け可能なので、購入時点で迷う場合は保留にしておいてかまいません。最初から付けていると自動車取得税もその分高くなるため、後から付けた方が節約にもなります。ただし、ディーラーオプションは予告なく販売終了することもあることは知っておきましょう。

 

 

【スズキソリオ】おすすめメーカーオプション

 

ソリオのメーカーオプションですが、種類はあまり多くありません。ボディカラーや4WDなどがありますが、必要性の点でいえば是非とも推奨するものではないでしょう。あった方が確実に便利で、後から取り付けできないもので考えると、右側電動スライドドアがおすすめです。日常の買い物など手荷物が多くなる乗り方が中心なら、付けておいて損はないでしょう。

カーナビとリアモニターもあると便利です。これらは後付けが可能で、高性能の社外品を安価で手に入れることも可能ですが、特にこだわりはないが付けておきたいというのであれば、メーカーオプションをおすすめします。社外品と違って保証期間が3年と長いので、修理が必要になった時のことを考えると社外品よりお得でしょう。なお、リアモニターですが、自分一人しか車に乗らないという人には必要ありませんが、お子さんのいる家庭ならあった方が便利です。リアモニターで好きなアニメのDVDなどを見せるなどすれば、ぐずる子どもを後部座席で静かにさせたい時に重宝します。

 

 

 

【スズキソリオ】おすすめディーラーオプション

 

右側電動スライドドア、カーナビ、リアモニター以外のオプションならディーラーオプションから選んだ方がよいでしょう。そのなかで特に勧めるべきものを挙げるなら、やはりETCです。高速道路を走ることがまったくないという人以外なら、あった方が便利に感じることは間違いありません。実際、ソリオを購入する人が選ぶディーラーオプションのなかでも、ETCはトップレベルの人気オプションです。また、AC電源のコンセントもあると重宝します。以前はシガーソケットを電源の供給源にするのが一般的でしたが、携帯電話、タブレット、パソコンなど、今では車内で充電しておきたい機器がたくさんあります。それを考えるとACコンセントは付けておきたいです。あとは、せっかくソリオを買うわけですから、スズキのメンテナンスパックは付けておくことをおすすめします。馴染みの整備工場がある人なら無理に付ける必要はないかもしれませんが、ディーラーと今後も付き合うなら付けておいて損はありません。

 

 

【スズキソリオ】各グレードの必須オプション

オプションとは、「選択肢」という意味であり、車のパーツについては後から付加的に取り付ける部品のことを言います。つまり、それがなくても必要な機能は車にすでに備わっているということですので、必須オプションというものはありません。上に挙げたパーツのなかで必要だと思うものを、個人の自由で取り付ければよいでしょう。ただ、オプションを付けるのであれば、ソリオの場合、グレードの違いによって考慮しておきたい点がいくつかあります。ソリオの価格はグレードによってあまり差がないのですが、グレードの違いにおける装備品の価格差はかなり大きいです。マイルドハイブリッドの中間グレード「MX」と上級グレード「MZ」では、車本体の価格差は15万円程度ながら、装備品の価格差はそれを大きく上回ります。このことは、ハイブリッドタイプである中級グレードの「SX」と上級グレードの「SZ」でも同じです。中間グレードになく上級グレードにある装備には、両側パワースライドドア、オートライトシステム、ディスチャージヘッドランプ、フロントガラスがUVとIRのカット機能付きなどのほか、本革仕様のステアリングホイールなどがあります。これらを後からオプションで取り付けようと思えば、とても15万円程度で収まることはないですから、あった方がよいと思うのなら上級グレードを最初から選んだ方がお得でしょう。ソリオは標準装備が充実しているので、グレードによってないと困るほどのオプションはありませんが、上に挙げたカーナビやETCなどは全グレードで付けておきたいです。

 

 

【スズキソリオ】オプションまとめ

以上、ソリオのおすすめオプションパーツを見てきました。どのオプションが必要かはその人のカーライフのスタイルによって違いますが、メーカーオプションには後から付けられないものもあるので、購入の前に必要性が高そうなものについては、よく検討しておきましょう。
(2018年現在)

あわせて読みたい

スポンサードリンク
スポンサードリンク
RETURN TOP