コンパクトカーどれ買うの?【スズキソリオ編】

【ソリオ/バンディット】人気色はこれだ!カラーバリエーション紹介

この記事は4分で読めます

 

 

 

スズキは軽トールワゴンで有名な自動車メーカーですが、このジャンルを代表する車種としてソリオがあります。

今なお根強い人気を有しますが、その理由はいくつ考えられます。

中でも大きな特徴の一つが充実したカラーバリエーションで、人気の色がいくつかあります。

ここでは人気の高いカラーについてまとめてみました。

 

 

1:ピュアホワイトパール(有料)

 

ピュアホワイトパールは、この車種の中では最もポピュラーです。

真っ白というだけでも清潔感があってさわやかですが、パール塗装を施すことで上品さがさらに加わりました。

ホワイトは万人受けするので、リセールバリューの高さも魅力です。

またホワイト系は意外と傷も目立ちにくいので、洗車などのお手入れも比較的楽になります。

このため、万人が受け入れやすい色でしょう。

 

 

2:スーパーブラックパール

 

真っ黒をベースにしているのですが、ソリッド系とは違って美しさが引き立っています。

パール加工によって表面がキラキラ輝いていて、精悍な車を求めている人、それでいてどこか気品を感じさせてくれる車を求めている人向けです。

ソリオのメタリックなグリルにも、バンディットの押し出しの強めのデザインにもしっくりきます。

このようにどのような車種ともバランスよく仕上がるところも魅力です。

ただし傷がついてしまうと少し目立ってしまう傾向があるので注意しましょう。

 

 

3:ファーベントレッド(バンディットのみ)

 

ソリッドレッドで、鮮やかなものが好きという人におすすめです。

街中を走行するときに目立つ赤ですが、それでいて下品な感じはなく、趣味のいいテイストに仕上がっています。

ほかのメーカーを見ると、スポーツカーに使われることが多く、このためスポーティな感じの車を求めている人向けです。

ブラックルーフやミラーとツートーンカラーにすることで、全体的に引き締まったフォルムにできます。

お手入れには気を遣うものの、スポーティなテイストにまとまるでしょう。

 

 

4:クラッシーブラウンメタリック

 

ダークブラウン系ですが、光沢感があるので高級感があります。

暗いところで見ると少し明るめのブラックのようですが、光を浴びることでブラウン系であることがはっきりわかります。

このようにどこで見るかによって表情が全く異なり、飽きの来ないマイカーになるでしょう。

ブラウンというと地味目の印象があるかもしれませんが、そのイメージを覆します。

中高年層が乗っていてしっくりくるカラーはなかなか見つかりませんが、クラッシーブラウンメタリックであれば、高い年齢層でも抵抗なく乗れるでしょう。

 

 

5:スピーディーブルーパールメタリック

 

ブルーが鮮やかで、爽快感のある仕上がりになっています。

こちらも光の当たり方によって、表情が大きく異なるため、いつまでたっても飽きの来ないカラーです。

ファーベンレッドと同じで見た目は鮮やかで、普段乗りするには派手な感じがするかもしれません。

しかしソリオやバンディットのフォルムではバランスが取れています。

若者を中心として支持を集めていますが、ファミリーカーとして購入を希望する方も少なくありません。

 

 

6:プレミアムシルバーメタリック(有料・バンディットのみ)

 

「いぶし銀」という言葉がしっくりくるカラーです。

シルバーやグレーはすべての車種で定番といえますが、月並みすぎるので少し変化が欲しいと思っている人におすすめでしょう。

精悍なボディデザインをさらに精悍なものにしてくれますから、ブラックの時にやや物足りなさを感じていた迫力が一気に出てきます。

メタリックということで光の陰影をしっかり演出でき、金属の質感がよりはっきり引き出してくれるでしょう。

スタイリッシュな感じなので、都会的な車が欲しい人向けです。

シルバーの中でも濃いめのトーンで、イメージとしてはガンメタに近い感じに仕上がっています。

 

 

7:ミッドナイトバイオレッドメタリック(有料)

 

ダークパープル系で、光の差し方によってトーンがだいぶ変わってくるのが特徴です。

色の変化を堪能したいと思っているのであればピッタリでしょう。

暗い所に置くとブラックといってもいいくらいの重厚なテイストを醸し出し、一方で明るいところに持っていくとレーザーのようなパープルに変化します。

日中でも夜間でもドライブが楽しく感じられるでしょう。

怪しい感じで、ナイトクルージングを恋人と楽しむのにはうってつけです。

女性が乗っていても大人の妖艶な感じを醸し出してくれるので、大人でセクシーな車にあこがれる人にも向いています。

 

 

8:クラレットレッドメタリック

 

最初からのラインナップではなく、マイナーチェンジの時に新しく投入されたのがこのクラレットレッドメタリックです。

当初はバンディットのみだったのですが、現在ではソリオでも選択できるようになりました。

レッド系ですが、先ほど紹介したファーベントレッドと比較して、落ち着いたテイストにまとまっています。

紅の感じが深くて、若者はもちろんのこと年配まで幅広い年齢層が乗れる色です。

オプションになりますが、ブラックとのツートーンにまとめることも可能です。

 

 

9:ラッシュイエローメタリック

 

こちらもマイナーチェンジの時に新しく投入されたバリエーションです。

もともとクロスビーで使われていたもので、ほかの車種にも転用されるようになりました。

イエローといわれると、少し明るすぎる、目立ちすぎるのではないかと懸念する人もいるでしょう。

写真で見るとそのように感じるかもしれませんが、実際にはもっと落ち着いた感じのトーンでまとまっています。

幅広い層で支持を集めている車です。

こちらもオプションになりますが、ツートーンに仕上げることができます。

 

 

10:スターシルバーメタリック

 

プレミアムシルバーメタリックがバンディッドに投入されているのですが、これと比較するとグレーの度合いが薄めにまとまっています。

もし洗車など車のメンテナンスをあまり行いたくない人がいればピッタリでしょう。

というのもスターシルバーメタリックは、汚れや傷が他よりも目立ちにくいからです。

あまり奇をてらわない、普通の車が欲しいと思っている人にとって、満足度の高い車になるでしょう。

 

 

11:ネオンブルーメタリック(ソリオのみ)

 

スズキの中で見ると、スイフトやイグニスなどほかの車種でも使われているカラーです。

「ブルー」という名称が入っていますが、青というよりもエメラルドグリーンに近いトーンになっています。

光の当たり方によって印象はだいぶ変わってきて、青に見えることもあれば、グリーンに近い感じに映ることもあるでしょう。

ブルーが好きであれば、スピーディーブルーメタリックを選択する傾向があるので、ポピュラーな種類とは言えないかもしれません。

 

 

12:まとめ

 

上で紹介したように、やはりランキングの上位に来るのはホワイトやブラック系です。

街中を見てみるとお分かりになるでしょうが、ホワイトやブラック、グレーのようなありふれたものがよく車道を走っています。

無難な色の方が中古車市場でも需要は高いため、リセールバリューを考えた場合にこのようなポピュラーなものを選択する方は多いのです。

カラーの違いだけで他の部分は一緒でも、査定金額が何十万円も変わってくることもあります。

新車を購入する場合、査定のことも意識してどれにするかチョイスしてみるといいでしょう。

もちろん好きな色があれば、そちらを選択するのもありです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
RETURN TOP