コンパクトカーどれ買うの?【スズキソリオ編】

【ソリオリコール情報】不具合内容とその後の対応

この記事は6分で読めます

 

 

自動車保険で

損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

 

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

 

自動車はとても便利な乗り物ですが、車自体に何らかの不具合があると事故を引き起こすこともあり、人命にかかわるケースもあります。

 

快適に毎日車を利用するため、そして何よりも自分と家族の安全を守るためにも、いつも乗っている車の状態をベストに保っておくというのは大事なことです。

 

自分自身でのメンテナンスの他に、自動車メーカーから出される情報にも注意することが大事です。

 

もちろん、メーカーとしてもパーツやシステムが確実に機能するように製造していますが、どうしても不具合が生じることがあります。

 

そのため、パーツなどの不具合が生じた場合、そのことについての情報を公表し、該当する車の修理などに対応しています。

 

こうした情報にも精通しておくことで、常に安全な状態で車を利用できるのです。

 

リコールとは?

 

たまにニュースなどで報道されるのが、「リコール」という言葉です。

 

これは、すでに製造、販売している車について、何らかの不具合やミスが発見された場合、製造メーカーが国土交通省に報告する義務があるという決まりに基づいています。

 

そして、その内容は公表されることになり、該当する車に乗っている人がディーラーに持ち込むことで、対象となる部分の修理や交換などを行えるようにするものとなります。

 

当然、メーカー側のミスなどによって生じた不具合ですので、オーナー側が修理や交換に関する費用を負担する必要はなく、ディーラーにおける修理についてはメーカーが全部無償で行います。

 

 

 

 

この発表は特に安全性にリスクを及ぼすような大きな問題、走行そのものにトラブルが生じるような問題が生じた場合になされます。

 

たとえば、エンジンそのものや関連するパーツなどに取り付けミスがあった、パーツの耐久性が弱かったなどが分かった場合です。

 

さらに、エアバッグの動作がおかしいことが報告されているなどの問題も、ドライバーの安全を脅かすものとなりますので、リコールの対象となります。

 

どこまでが修理の対象となるかは状況によって異なりますが、原則としては修理対象となっているということは、車の走行そのものや安全性に問題が起こりかねないということです。

 

そのため、自分の車が修理・交換対象となっているのであれば、ディーラーに持ちこむのが面倒に思えたり、今のところ何もトラブルが生じていないから大丈夫と思うことなく、すぐにディーラーに持って行くようにしましょう。

 

 

 

 

リコールは販売店からハガキなどの形で通知されることになります。

 

しかし、これはあくまでも販売店で直接新車もしくは中古車を購入した場合で、中古車販売店などから買った場合には、オーナーとしての登録がなされていないため、直接通知が来ないこともあります。

 

そのため、販売店でないところで車を買ったら、メーカーのホームページなどから加入できるオーナーズクラブのようなところに登録しておくのがおすすめです。そうすると、持っている車が何らかの修理を必要とするとなると、正式な通知が来ることになります。

 

 

 

 

また、メーカーのホームページでは、修理の必要のある車についての情報が掲載されていますので、たまにチェックするのも良いでしょう。

 

こうした修理には期限は切られておらず、発表されている時に気づかずにかなりの期間が経っていても有効です。中古車の状態で購入していて、もし前のオーナーがディーラーに持ち込んでいるかどうか分からないという時は、ディーラーに確認してみると良いでしょう。

 

かなりの期間が過ぎていても無償で修理などを行ってくれます。修理が必要ですという公表をしているということは、とても大事なパーツもしくはシステムだということを示していますので、そのままにしておかないようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオ】2018リコールの内容と対象

 

ソリオでもいくつかの修理対応が必要であるという発表がすでになされています。

 

2018年においては3月8日付けの発表で、二つのモデルが修理対応であることが示されています。型式でいうと「DAA-MA36S」と「DAA-MA46S」の二つです。

 

平成27年式と28年式のものとなり、購入したばかりの車が対象となりますので、新車を買ったばかりという人は要注意です。

 

この内容は、ISGという発電機とウォーターポンプをつないでいるベルトの強度が弱いために、交換が必要というものです。ベルトが切れてしまうと、発電機に動力が伝わらなくなりますのでバッテリーへの充電ができなくなってしまいます。

 

バッテリーが上がれば当然エンジンがかかりませんし、走行中だと様々なシステムがダウンしてしまうこともありえます。

 

また、ウォーターポンプというのはエンジンを冷やすための冷却水を回すためのもので、ここが壊れるとエンジンの冷却ができなくなり温度が急上昇し、最悪すぐにエンジンがオーバーヒートで壊れてしまいます。

 

 

 

 

2018年のもう一つの修理対応は、11月14日になされたもので上記と同じ型式の車と、「DBA-MA26S」が対象となっています。

 

この内容は、エアバッグの取付が不十分だったために、発動した時に外れてしまう可能性があるというものです。

 

エアバッグがきちんと機能しないばかりか、エアバッグの作動によって思わぬ事故を巻き起こす必要がありますので、すぐに対応した方が良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオ】2017リコールの内容と対象

 

2017年では4月14日付けで、ソリオの「DBA-MA15S」、「DBA-MA26S」、「DAA-MA36S」、「DAA-MA46S」において修理が必要だと報告されています。

 

その内容としては、バックドアを支える筒の外側の塗装が不十分であったというものです。パーツ自体には問題はないのですが、塗装が不十分であるため腐食が生じやすくなり、破損してしまう可能性があるということになります。

 

この筒は高圧のガスが封入されていて、そのガス圧によってバックドアをスムーズに開けられるようになっていますので、破損するとガスが漏れ出て爆発してしまう危険もあります。単純にこの筒が壊れるだけでも、バックドアの開閉が大変になりますし、万が一爆発ということになると、大きなケガを負う可能性もあります。

 

 

 

 

バックドアの上部にある二本の筒上の支えですので、簡単に確認できます。もし、この部分についての修理をしていないということに気づいたらディーラーに持ち込むようにしましょう。

 

上記でも説明されているように、すでにそれなりの期間が経過していますが、有効期限というものはありませんので、持って行ったら無償で交換をしてくれます。気兼ねなく修理を依頼するようにしましょう。

 

ちなみに、こうした無償修理は一般の修理工場では対象とならず、ディーラーに持ち込んだ場合のみとなりますので、必ずディーラーに確認することが大事です。

 

 

スポンサードリンク


 

ソリオのリコールまとめ

 

リコールとは、製造段階においては何らかのミスがあるなどして、特に走行そのものや安全性に問題があるパーツやシステムについての公表を行うというものです。

 

そして、その部分に関してメーカーが無償で修理や交換を実施します。

 

 

 

 

ソリオの場合は、バックドアを支える筒、ウォーターポンプのベルト、エアバッグの取付に問題があるとして修理対象となっています。

 

無償ですし、期限はありませんので、気が付いたらすぐにディーラーに車を持って行くようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

【スズキソリオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【スズキソリオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

あわせて読みたい

スポンサードリンク
スポンサードリンク
RETURN TOP