コンパクトカーどれ買うの?【スズキソリオ編】

【スズキ新型ソリオ】マイナーチェンジ情報2018

この記事は5分で読めます

 

自動車保険で

損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

 

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

 

自動車はとても便利な乗り物ですが、車自体に何らかの不具合があると事故を引き起こすこともあり、人命にかかわるケースもあります。快適に毎日車を利用するため、そして何よりも自分と家族の安全を守るためにも、いつも乗っている車の状態をベストに保っておくというのは大事なことです。自分自身でのメンテナンスの他に、自動車メーカーから出される情報にも注意することが大事です。もちろん、メーカーとしてもパーツやシステムが確実に機能するように製造していますが、どうしても不具合が生じることがあります。そのため、パーツなどの不具合が生じた場合、そのことについての情報を公表し、該当する車の修理などに対応しています。こうした情報にも精通しておくことで、常に安全な状態で車を利用できるのです。

 

 

スズキは人気モデルであるソリオのマイナーチェンジを、2018年7月2日に行っています。フルモデルチェンジではないので、ボディーやエンジンなどの大きな変化はありませんが、よりデザイン性が増していることや、安全性の向上、快適な室内装備の搭載などがなされています。特に安全性能に関する機能搭載が大きく、いろいろな最新技術が詰め込まれています。より魅力的な車に生まれ変わっていますので、その変更点などをチェックして車選びの参考にすることができます。

 

 

【ソリオマイナーチェンジ2018】価格とスペック

マイナーチェンジをしたモデルでは、旧型に比べると多少の価格アップとなっています。1.2Lの通常エンジンのものでは、Gグレードで1,585,440円となっています。同じく1.2Lですがマイルドハイブリッドでは、バンディットグレードが2,070,360円となっています。そして、ストロングハイブリッドという名称の上位モデルでは、バンディットグレードが2,168,640円となっています。同じ車種でもグレードによって60万円程度の差がありますので、どのグレードを選ぶかをじっくりと考えたいものです。ただし、上位グレードではもともと人気の高かったオプション装備が標準装備となっていますので、安いグレードにしていろいろオプションを着けるよりも便利でお得になることもあります。そのため、着けたいオプションのことも考えてグレード選びをするのがベストでしょう。

新しいバージョンのスペックを見ていくと、同じエンジンを採用しているということもあって、どのグレードもエンジン出力は同じであることが分かります。91馬力の出力があり、これにハイブリッドシステムが搭載されているグレードでは、電気モーターの力が発進時などには加味されることになります。トランスミッションは、普通のエンジンとマイルドハイブリッドのグレードがCVTシステムを採用していて、スムーズで滑らかな走行ができるのが特徴となっています。一方でストロングハイブリッドのグレードでは、ミッションは5速AGSを採用していて、力強い走りができるように工夫されています。また、変速する時にエンジンとのつながりを切ってしまい、変速ショックが生じないようにしています。この間のパワー供給は電動モーターで行いますので、、力が抜けることなくスムーズに走れるというのが魅力となっています。

駆動方式としては、通常エンジンとマイルドハイブリッドのタイプで、FFつまり前輪2WDと4WDの選択肢があり、ストロングハイブリッドのグレードはFFだけとなっています。積雪が多い地域に住む人などは、より安定した走りを求めるため4WDがいいというケースも多いので、通常エンジンかマイルドハイブリッドを最初に考えることになります。助手席へのヒートシート採用やドアミラーへのヒーティング対応などもしていますので、雪と寒さが厳しいところでも快適かつ安全に乗れるというのも、この車の良いところです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

【ソリオマイナーチェンジ2018】ボディサイズ

ソリオの魅力の一つは大きな車内空間でゆったりと過ごせるということにあります。今回の変更でもそのコンセプトはしっかりと継承されていて、車高は高め、長めのホイールベースを確保しています。ホイールベースは2,480㎜、全長は3,710㎜となっています。特に全長の長さは同じスズキの他の人気モデルより多少長めに作られていますので、前後のスペースが大きいという特徴を持っています。それでいて、地上高は140㎜となっていて、乗り降りがしやすいように設計されていますので、十分な車内スペースを保ちつつも、子どもや荷物を持った女性などが無理なく出入りできるのです。

この車のメリットの一つとして、車内設備の充実があります。シューズボックスや手元のこまかな収納ボックスなどの設計はとても配慮が行き届いています。そのため、身の回りの荷物をこうしたボックスに入れることで、よりスペースを有効活用できるようになります。もともと広い室内空間が確保されてますが、さらにそれを広々と使えるように工夫されていますので、快適なドライブを楽しめるというわけです。また、リアシートを倒すとほぼフルフラット状態となりますので、長くて大きな荷物を載せたり、車内泊をしたりする時にそのスペースを満喫できます。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオマイナーチェンジ2018】燃費と実燃費

この車の大きな魅力は、広々とした室内空間を持っているのに、軽自動車並みの燃費を達成しているということにあります。モデルチェンジをしてもその良さは継承され、改善されています。新しいスズキのプラットフォームを採用することによって、ボディーの重量が減っていますので、その分燃費も改善しているのです。1.2Lのガソリンエンジンの場合は、カタログ情報による燃費は1リッター当たり24.8キロとなっています。マイルドハイブリッドの場合はリッター当たり27.8キロ、ストロングハイブリッドに至っては30キロ超えをしていて32.0キロの燃費となっています。

実燃費としては、特にハイブリッドの場合は高速走行をするか街中の走行をするかで変わってきますが、平均的にカタログ燃費の70パーセント台の実燃費を計測しています。普通エンジンであればリッター当たり17キロから18キロくらい、マイルドハイブリッドでは22キロから23キロ程度、ストロングハイブリッドでは24キロから25キロというところでしょう。もちろん、街中で丁寧に乗ることによってハイブリッドグレードはもっと燃費が上がることもあり、かなり経済的に乗れるのが魅力です。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオマイナーチェンジ2018】デザインの変更点

モデルチェンジをしていますがあくまでマイナーチェンジですので、ボディーデザインそのものについての大きな変更はありません。しかし、フロントバンパーやバックドアガーニッシュについてはどのグレードも変更されています。また、グレードによってはフロングリルが採用されていますし、新しいアルミホイールが採用されているものもあります。全体的にはとてもスタイリッシュでスポーティー感が増しているというのが変更点です。LEDのフロントフォグランプがバンディットに採用されるなど、照明関係の変更もあって、乗りやすいとデザインの向上も図られています。

どのモデルも、特にフロント部分にデザイン上の変更が加えられていますので、ぱっと見の印象も改良前と比べると大きく変わっています。高級感も出ていますので、より愛着を持てる一台に成長しているのがうれしいところです。

5:【新型ソリオ】マイナーチェンジ2018の変更点まとめ
スズキのソリオが2018年に行ったマイナーチェンジでは、主に安全装備の搭載やエクステリアにおけるフロント部分のデザイン変更などがあります。広々とした車内空間の良さがもともとの魅力ですので、それを維持しつつ走行性能を高めたりデザイン性を向上しているのが特徴となっています。車高も全長も大きめに設計されていますので、かなりゆったりと乗ることができますが、軽自動車並みの燃費を確保しているのがすごいところです。特にハイブリッドシステムを搭載しているストロングハイブリッドでは、カタログ燃費でリッター当たり32キロを達成しています。エコな車ですし、快適なドライブが楽しめる一台ですので、このモデルチェンジ後も人気が続いて行くのは確実でしょう。「2018年現在」

 

スポンサードリンク


 

 

【スズキソリオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【スズキソリオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

あわせて読みたい

スポンサードリンク
スポンサードリンク
RETURN TOP