コンパクトカーどれ買うの?【スズキソリオ編】

【ソリオvsシエンタ】どっち買う?燃費・広さetc.で比較

この記事は5分で読めます

 

自動車保険で

損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

 

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

 

 

楽に運転できる大きさであることや、家族向けに十分なスペースが確保されているコンパクトバンというジャンルの車は、特に日本国内での人気が高いため各メーカーとも力を入れて開発をしています。スズキではソリオが最も人気がありますが、トヨタではシエンタが人気モデルとなっています。どちらにもメリットデメリットがありますので、スペックや装備、走りやすさ、車内空間の快適さ、デザインなどを比べてみて決めたいものです。パッと見では似たような性能の車なのですが、細かいところで差がありますし価格にも違いがありますので、二つをじっくりと比べてみると結論を出しやすくなります。どちらもハイブリッド車グレードがありますが、両者を比べるためにガソリン車モデルでの装備をメインとして考えていて、全体的な差が分かりやすいようにしています。

 

 

スポンサードリンク


 

トヨタシエンタとは?

トヨタのコンパクトバン、またファミリーカーというジャンルでは圧倒的な人気を誇るモデルです。2003年に初代が発売されていて、2018年11月現在では2代目となっています。その前にも2回ほどマイナーチェンジをしていて、それぞれで細かいところの改良がだいぶなされていますので、完成度が非常に高い車となっています。5ナンバーの車として最大限のスペースを確保できるように工夫されていて、家族向けの車として人気があります。トヨタらしく、シンプルな構造の車となっていてメンテナンスがしやすいことや、トータルでの維持費が安いというのが経済的な面で見た時の特徴となっています。

また、ファミリーカーに力を入れてきたトヨタのアイディアが詰まっていて、室内の装備がかなり充実しているというのもこの車の特徴です。スライドドアの大きさや社内への乗り入れのしやすさは、他の車種と比べてもレベルが高いものがあります。さらに、ちょっとしたシート周りの収納ボックスなどもトヨタらしく、非常によく考えられていて使いやすく、乗っている人みんなが快適に車内での時間を過ごせるようになっています。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsシエンタ】価格・特徴で比較

価格で比べてみると、シエンタの一番安いグレードであるXVパッケージ7人乗りは、1,689,709円となっています。一方で、ソリオの一番安いGグレードは2WDで1,454,760円となっていて、4WDだと1,581,120円です。最も安いグレードで比較すると20万円程度の差が出てくることが分かります。どちらのモデルにもハイブリッドシステムが搭載されたグレードがありますが、やはりトヨタの方が高く、一番高いグレードで30万円以上の価格差があります。全体的に見るとソリオの方が安く購入できるという結論になります。

総合的な特徴としては、トヨタっぽい、街乗りに適したファミリーカーというポイントと、走りも楽しめるスポーティーな感じがあるスズキという違いが見られます。トヨタの場合は、乗り心地や車内の便利な装備や機能などが充実しているのがメリットです。一方でスズキは、ちょっと堅めにも感じらえる乗り心地で安定感があり、運転を楽しめるというのがメリットでしょう。もちろん、車内空間のゆとりは十分で、遠出をするにしても荷物をたくさん載せるにも問題ない作りとなっています。また、トヨタの場合は、6人乗りと7人乗りの選択肢がありますし、車いす仕様のグレードもあるという特徴があります。バリエーションが豊かで、細かな要望に応じやすいのがメリットです。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsシエンタ】人気・評判で比較

実際に乗っている人の評判を比べてみると、若干二つの車の間で車の使用目的が違うという点が見られます。というのも、スズキの場合は荷室のスペースを大きく確保しているのに対して、トヨタの方は最大7人乗りと人員スペースを重視しているからです。そのため、アウトドアなどに行く人や子どもがそれほど多くない家族などには、スズキが人気となっています。一方で、二世帯で住んでいる家族を含め家族が多いところや、街乗りが多いファミリーではトヨタが人気となっています。

また、デザインについての評判も分かれるところで、スズキはどちらかというと角張ったスポーティーさを押し出している感じがあります。一方でトヨタは丸さを重視し、柔らかくかわいいというイメージが強くなっています。その雰囲気の違いも評価が分かれるポイントとなっているのです。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsシエンタ】大きさ・広さ・乗り心地で比較

大きさという点では、二つの車には寸法上の違いはほとんどありません。ただし、室内の作りがだいぶ異なりますので、スペースの感覚には差があります。トヨタの方は最大で7人まで乗れるように3列シートとなっていますので、後ろまでシートが詰まっている感じがかなり強くなっています。当然、最後部のシートをたたんでも荷室部分が狭くなりますので、人は乗れるものの荷物はちょっと少なくなります。一方でスズキは、2列シートですので荷室が十分に確保されていて、ぱっと見の広さもゆとりがあるように感じられます。

乗り心地という点では、スズキ車はちょっと堅めに足回りを作っているということもあって、スポーティーな走りができるのが特徴となっています。コーナーでもぶれることなくすっと曲がってくれますし、安定感がありますので走りが楽しいと思えるのがメリットです。一方で、トヨタ車は柔らかい足回りとなっていますので、子どもも快適に過ごせるというのが特徴です。特に街乗りでの使用をメインとしているという見方もできます。これはどっちがいいということではなく、それぞれのコンセプトの違いと言えるものでしょう。どっちにも魅力があるものですので、走りを楽しめるのがいいのか、ソフトで快適な乗り心地を求めるのかという問題になってきます。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsシエンタ】燃費と維持費で比較

燃費という面で比べると、圧倒的にスズキの方が優れていることが分かります。どちらもハイブリッド仕様があり、その中間グレードで見ると、トヨタのG7がリッター当たり20.0キロなのに対してスズキはGハイブリッドで27.8キロとなっています。30パーセント近い差となって出てきていますので、トータルで見るとかなりのガソリン代の違いがでてくることでしょう。

維持費という面では、税金も同じですので、あとはメンテナンスとガソリン代ということになります。トヨタ車は全体的にメンテナンスが楽であることや、パーツ代が安いということもあってメリットは大きいでしょう。しかし、やはり燃費に大きな違いがありますので、全体で考えるとスズキの方が維持費は安くなるという結論になります。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsシエンタ】まとめ

 

ソリオはよりスポーティーで、荷室スペースをメインとした設計になっているという特徴があります。一方で、トヨタのシエンタはソフトな作りとなっていて、居心地の良さや乗りやすさを重視していることが分かります。最大で7人乗りということもあり、荷物スペースが狭く人員をメインとしていると言えるでしょう。燃費の面ではソリオの方が優れていて、トータルでの維持費も安くなるほどです。そのため、家族が多いなどの理由でシエンタを取るか、燃費や走りの楽しさ、デザインのスポーティーさなどを重視してスズキ車を選ぶかという選び方になるでしょう。どっちが優れているというよりは、車のメインの乗り方によって変わってきますので、家族でじっくりと考えてみましょう。「2018年現在」

 

スポンサードリンク


 

 

【スズキソリオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【スズキソリオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

あわせて読みたい

スポンサードリンク
スポンサードリンク
RETURN TOP