コンパクトカーどれ買うの?【スズキソリオ編】

【ソリオvsスイフト】どっち買う?燃費・広さetc.で比較

この記事は5分で読めます

 

 

自動車保険で

損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

 

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

 

スズキソリオはスズキを代表する人気モデルで、たくさんのファンがいます。同じコンパクトミニバンというジャンルでは、たくさんの競合車がいますが、同じスズキというメーカーの中でも競合する車がありますので、購入に迷った時はその車と比べてみることもできます。一つのライバル車としてはスイフトが挙げられます。こちらはミニバンというジャンルの車ではなく、もともとのコンセプトが異なりますので特徴にも差が出てきます。どちらにもおすすめポイントがあり、メリットとデメリットの両方が浮き上がってきますので、じっくりと比べてその特徴をつかむようにしましょう。

 

 

 

スズキスイフトとは?

スズキスイフトは、コンパクトカーというジャンルにいて5ナンバーの車です。車高が低くなっていますので、トールサイズのミニバンではなく、よりコンパクトな印象が強くなっています。もともとこのモデルは人気があるモデルで、スズキの中では歴史が長い車です。スポーツ性が強いグレードも代々出していますし、コンパクトで気軽に乗れる車としての印象も強いので、オールマイティーさが目立つという特徴があります。日常生活の中でさっと乗れる車でもありますし、ドライブの楽しさを味わうためにも乗れるということで、幅広い層からの支持があると言えるでしょう。

初代は2000年に発売されていて、現行モデルは3代目となります。この現行モデルは2010年に誕生していて、マイナーチェンジを行っています。このモデルは日本国内だけでなく、世界中で販売されていて人気があるというのもポイントです。それだけ多くの人に幅広く受け入れられる車として仕上がっていると言えるでしょう。価格が低めでありながらも、しっかりと満足できる走行性能を持っていますし、エコ性能にも優れていますので、全体的にバランスの良い一台となっています。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsスイフト】価格・特徴で比較

両者を価格で比較すると、全体的にソリオの方がちょっと高めとなっています。しかし、その差は微々たるもので、気になる程度ではありません。どちらの車も通常のガソリン車とハイブリッド仕様がありますが、ソリオの一番安いもので145万円程度、もう一方が135万円弱となっています。最上位グレードでは、210万円ちょっとと195万円程度となっています。どちらも10万円くらいの差しかありませんので、価格では大きな違いを見ることはできません。

というのも、どちらのモデルも基本的なエンジンは1.2Lの同じエンジンを搭載しているからです。SWIFTは1.0Lのエンジンを積んだグレードも用意していますが、ベースとなるのは1.2Lの同型エンジンで、基本的な設計も同じとなっています。そのため、両者の特徴の差というのは、トールサイズか低めのコンパクトカーということになります。SWIFTは車高が低めでコンパクトな印象が強めとなっています。もう一方は車内の高さが売りとなっていて、自由に車内を移動できるほどの快適さが特徴です。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsスイフト】人気・評判で比較

どちらもスズキの人気モデルですが、SWIFTの方が販売年数が長いということもあって、累計の販売台数では勝っています。特に2014年には400万台販売の金字塔を建てていて、世界中の人々に愛されている車であることが分かります。とはいえ、どっちがより評価の高い車であるという比べ方はすることができず、車を使う人の乗る用途によっても変わってきます。

オーナーからの実際の評判を見てみると、SWIFTは「セカンドカーとして使いやすく、気軽に乗れるのが便利。」という声や、「価格がリーズナブルで予算に合った車だったので助かった。」という声が多く、気軽さが売りとなっていることが分かります。もう片方は、「車内の大きさがかなりゆったりとしているので、家族で遊びに行くのにとてもいい。」という意見や、「買い物をした後で手がふさがっている時に、電動のスライドドアがありがたい。」という声も多くなっています。SOLIOはその室内スペースの大きさが重視されているということでしょう。

 

 

スポンサードリンク


【ソリオvsスイフト】大きさ・広さ・乗り心地で比較

全長や全幅というボディーの大きさで比べてみると、以外にもSWIFTの方が大きくなっています。特に全幅は5ナンバーの車で取ることができるめいっぱいの幅となっていて、ゆとりのあるシートでの過ごし方ができるのが特徴です。そして、長さもありますので、長物の荷物を積むときや、シートを完全に倒した時の感覚などに違いがあります。しかし、やはりSOLIOは全高が高いので、全体的な感覚としてはよりゆとりがあります。コンパクトミニバンというジャンルの中でも、この車の高さは際立っていて、かなり快適に車内で過ごすことができます。また、乗り入れも腰をかがめなくても済みますので、より楽にできるというのもメリットです。そのため、実寸としてのボディーサイズでは劣りますが、実際に車内に入った時の感覚としてはゆとりをより感じられると言えるでしょう。

乗り心地は同じエンジンを使用しているということもあって、発進や加速の際に感じるパワーには違いがありません。しかし、SWIFTの方が若干車重が軽いということが影響して、多少踏み込みのレスポンスが速く軽い感じがあります。また、車高が低く作られているため空気抵抗や重心のバランスの面で優れていて、コーナーではより安定感があります。とはいえ、SOLIOもしっかりとした設計に基づいて作られていますので、特に問題となるような走りであるということではありません。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsスイフト】燃費と維持費で比較

燃費や維持コストを両者で比べてみると、ほとんど差がありません。税金やメンテナンスにかかる費用は同じですし、燃費にも差がないからです。ベースとなる1.2Lのガソリン通常エンジンで比べると、ソリオがリッター当たり24.8キロとなっていて、スイフトは24.0キロとなっています。他のグレードでも差はこのくらいのもので、実際の運転ではほとんど差が出てこないくらいのレベルです。ただし、SOLIOの方はストロングハイブリッドグレードがあり、これは32キロという驚異的な燃費を記録しています。このグレードを選ぶのであれば、SOLIOの方が燃費性能では優れていると結論することができるでしょう。同じ程度のグレードであれば、燃費にはほとんど差がありませんので特に考慮する必要はないと言えます。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsスイフト】まとめ

どちらもスズキの人気モデルで、とてもバランスに優れた良い車です。ソリオの方は車高が高いこと、ストロングハイブリッドグレードで燃費が非常に良いというのがメリットとなっています。ゆったりとした車内スペースを持ちたいという人や、とにかく燃費を重視したいという人に向いていると言えるでしょう。一方で、スイフトは車高が低いことから、安定した走りができることや気軽に乗れるという特徴があります。とはいえ、車の高さはありませんが車幅や全長はSOLIOよりも大きくなっていますので、実際に乗ってみると窮屈さを感じることはありません。どっちにしようか迷っているのであれば、車内の高さが必要かどうかという点をじっくりと考えるのが良いでしょう。燃費や販売価格、基本スペックなどにはほとんど目立った違いがありませんので、そのボディースタイルに目を留めて検討するのがベストです。「2018年現在」

 

スポンサードリンク


 

 

【スズキソリオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【スズキソリオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

あわせて読みたい

スポンサードリンク
スポンサードリンク
RETURN TOP