コンパクトカーどれ買うの?【スズキソリオ編】

【ソリオvsルーミー】どっちがいい?燃費・広さetc.で比較

この記事は6分で読めます

 

 

自動車保険で

損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

 

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

 

現在では、当たり前のように走っているトールワゴンですが、少し前までは画期的な車の形でした。

 

普通車から、トールワゴンに乗るようになって、その天井高の高さと無駄のない空間、そして、広い窓から見える車窓は魅力的と評判です。車が単に移送手段にとどまらず、一つの生活空間に変わっていきます。車の中には便利な機能が装備されるようになりました。

 

 

 

 

後部座席にティッシュケースが装備され、また、ジュースやお菓子などを置くことができるようになり、会社によってはおむつの尿漏れを視野にいれたビニールシートも開発されています。車での移動がひとつの娯楽に変化してきました。

 

各社、独自のコンセプトを持ち、装備や機能を加えてきました。その中でスズキのソリオはその火付け役となり、主流を走っていましたが、その後トヨタの子会社であるダイハツが家族をコンセプトにトールを発売しました。

 

その姉妹車として、トヨタのルーミーやスバルのジャスティが登場します。トヨタのルーミーとスズキのソリオのどっちを購入したいか比較していきましょう。

 

トヨタルーミーとは

 

ルーミーはトヨタの子会社であるダイハツ工業が販売したトールの姉妹車としてトヨタが販売しました。

 

トール、ルーミー&タンク、ジャステイは4姉妹車として開発されましたが、外装、内装などはスズキのソリオを意識して作成されているので、ソリオに類似したところがみられます。後部座席の両側のドアはスライド式です。

 

 

 

ルーミーの機能に、人や車との衝突を防止する機能が搭載されています。また、ローとハイビームが自動で変わり、夜道も安全に走行が可能です。

 

さらに、ヒルスタートアシストコントロールが搭載されているので、坂道発進も楽に安全に行われます。カラーは全14色から選ぶことが可能です。

またルーミーもトール同様、家族を意識して作成されているので、家族のさまざまなシーンを想定しています。例えば後部の収納は自転車を乗せることができるスペースを確保が可能です。

 

トールワゴン車は各社、自転車を後部に乗せることはできるようですが、エンジンの関係などで収容台数は変わってきます。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsルーミー】価格特徴で比較

 

ルーミーの価格は146万円から173万円です。

 

ソリオはガソリン、マイルドハイブリッド、ハイブリッド車と価格が設定されています。

 

ガソリン車は145万マイルドハイブリッド車は169万円から196万円、ハイブリッド車は191万から210万円位です。マイルドハイブリッドとハイブリッドにはLEDランプ仕様のサイドミラー、ルーフエンドスポイラーが付けられています。後部にたまる気流を抑える機能があり、高速走行をするときに、機能を発揮します。

 

 

 

 

 

マイルドハイブリッドとハイブリッド車には後部にリチウム電池を搭載する必要があるので、後部の空間の制限がみられます。搭載されているデュアルカメラブレーキサポートシステムが歩行者や車との衝突を回避することができます。

その他、フロントと左右と後部のカメラで車両周辺の様子を映しだしたり、車の駐車がしやすいように後方を映し出すシステムが搭載されています。また走行維持ボタンを押せば、一定の速さで走行できるように設定することができます。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsルーミー】人気、評判で比較

 

内装については、ソリオよりルーミーの方が評価が高いといえます。ソリオを参考に改良したので、当然の事かもしれません。

 

ルーミーは内装用のパネルも実際は合成樹脂ですが、革風にアレンジしているので高級感があるようです。

 

 

 

 

空間については、子供や家族を意識しているだけあって使いやすく、若い世代に人気のようです。

 

しかし、エンジンについては不満を述べるユーザーは多いです。踏み込んでも音が大きいだけで、パワーがないと言われているようです。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsルーミー】大きさ、広さ、乗り心地で比較

 

大きさについてルーミーは全長×全幅×全高、3725mm×1670mm×1735mmです。

 

ソリオは全長×全幅×全高、3710mm×1625mm×1745mmです。

 

全長は両車ともほぼですが、幅がソリオが45mm狭いです。ルーミーは家族仕様で製造されているので、子供3人親2人の5人乗りとしては十分なスペースがありますが、それに対してソリオは大人4人は少しきついと言われています。

 

トールワゴンの特徴でもある、車窓についてはサイドウィンド―の下端はソリオもルーミーも同じく低めの水平基調で設定してるので、両車とも車窓は広く感じます。

 

 

 

居住環境について、前席はソリオもルーミーもほぼ同じ作りですが、後部座席に違いがみられます。ルーミーは床と座面の間隔が狭く、足の置き場に困り、前方にだすような姿勢で後部座席には座ることになります。

 

また、後部座席のクッション性はソリオの方が優れており落ち込むぐらいに柔らかいです。ルーミーはややかための仕様で、この点で座り心地はソリオのほうがいいともいえます。

 

両車とも後部座席横のスライド式のドアから乗り降りすることになりますが、開閉幅に差がみられます。ルーミーは600mmですが、ソリオは640mm開きますので、ソリオの方が40㎜広く、乗り降りだけではなく、荷物の出し入れはしやすいでしょう。

 

 

 

 

後部の荷室ですが、ルーミーとソリオは若干方法は異なりますが、後席の背もたれを前に倒し、後部座席がフラットになります。

 

荷室の高さがルーミーは537mm、ソリオは665mm ですのでルーミーの方が約13センチほど低く、荷物を乗せやすいです。

 

また、荷物量としてはルーミーの方が、多くのせることができます。ソリオは自転車1台で、ルーミーは乗せ方や自転車の種類にもよりますが2台乗せることができるようです。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsルーミー】燃費と維持費で比較

 

燃費について、ソリオは燃費を抑えることを目標に販売されているので、ハイブリッドの燃費の低さにはルーミーには勝てません。燃費が抑えられるとガソリン代等の維持費も抑えられることになります。

 

また、エコカー減税についても自動車取得税はルーミーは60%減税、ソリオは60%減税、自動車重量税はルーミーは50%減税、ソリオは80%減税です。

 

このことからも維持費はソリオが安くなります。

 

 

スポンサードリンク


 

【ソリオvsルーミー】まとめ

 

ルーミーもトール同様、家族を意識して販売されていますので、空間的なことからいえば、子供がいるときには5人乗りをぜひとも確保したいものです。

 

ソリオは大人4人がやっとのようですので、子供さんの成長などを考慮すると少し狭いかもしれません。それ以外では、やはりソリオはトールワゴンの主流だった機種ですので、システムや機能面では優れたところが目立ちます。

 

また、ソリオは燃費をおさえることが目標であるため、維持費等を考えるとソリオを選ぶ人が多いです。

 

 

 

 

子供が小さい時は、できるだけ、余裕をもった空間で車に乗せることが大切です。後ろで騒いだり泣いたりします。また、車に乗ることが一つのイベントですので、子供がゆったりとカーライフを楽しむ空間が必要です。

 

安全な状態で車を運転することが事故を回避することにも繋がります。車選びは車をどのようにどのような目的で使用したいのか、あるいはその時の家族構成が子供が小さいのか、大人は何人かなどで、選ぶ車は変わってくるといえます。

 

子供を意識しないでよい家族や、あるいは子育ての時期を終えた夫婦は、やはり出費をおさえることを優先的に考えると、ソリオが適していると言えます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

【スズキソリオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【スズキソリオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

 

 

あわせて読みたい

スポンサードリンク
スポンサードリンク
RETURN TOP